注意しよう!オリジナルTシャツのデザインの選び方!

個人使用でも著作権が適応される

個人使用の販売目的でないTシャツでもキャラクターやロゴを無断使用することはできません。著作権法の侵害に該当するとTシャツを使用できないだけでなく、損害賠償の請求を受けることもあるので注意が必要です。知らなかったと言っても通用しないため、しっかり確認しましょう。アニメのキャラクターやブランドのロゴ、アーティストのロゴは全て著作権の対象になりますから、著作者の許可がないと使用できません。写真を見て書いた有名人の肖像画も著作権の対象になるだけでなく、肖像権の侵害に当たる場合もありますから使わないようにしましょう。自分で作るオリジナルTシャツと言っても何をしても良いわけではありません。後で大変なことにならないように注意して作りましょう。

デザインによってはプリントできないものもある

折角のオリジナルTシャツですから個性のあるプリントにしたいと考えるのは当然です。ですがどのようなプリントでもできるとは限らないので注意しましょう。Tシャツはいくつかの布を縫い合わせて作られています。ですから後ろから前に繋がるデザインや袖の部分に繋がるデザインをプリントすることができないことがあります。また、首の周りに沿ったものや極端に大きなものもプリントできないことがあります。考えたデザインが使えなくなるとこがないように事前に制約事項をしっかりと確認しておきましょう。シャツ全体にプリントするようなデザインもできないわけではありませんが印刷方法が限られるためできあがりの質感がイメージと異なることもあるので注意しましょう。

tシャツプリントを激安でしてもらうためには、ネットで大量に注文するのがおすすめであり、数が増えるほどお得な料金になる事があります。

© Copyright Make It Original. All Rights Reserved.